*素敵にアラフィフ世代*  minaのブログ

素敵にアラフィフを送るため日々勉強中です!!

アラフィフ世代…婚活して彼ができた話

 

 いかがお過ごしですか? minaです♪

 

前回は婚活した話をしましたが

今回は婚活して彼ができた話を…(笑)

 

実際に婚活サイトで私がどんなふうに活動したかや、これからの事をお話します。

 

  • 私が彼を選んだ訳
  • メールのやり取り
  • ドキドキ⁉初めての出会い
  • お付き合いが始まって
  • これらの事

 

 私が彼を選んだ訳

大勢の中から彼を選んだのは…

私の条件(年齢、収入、趣味、タバコ…etc.)に合った事と、写真を見た感じで好みのタイプだったから。

登録すると男性からいいね!を押してもらったりメールも頂きましたが、

「なんとなく…アッ、この人‼」って言う直感的な何かを感じて私からメールを送りました。

 

メールのやり取り

彼は会員登録して会費を払っていたためにメールのやり取りが可能でした。

(多くの婚活サイトでは、会員登録をしていないと、メールのやり取りが出来ない仕組みになってます。)

メールが来たら一回だけしか返信出来ませんが、少し話して見て感じが良かったので

LINEの交換→LINEでのやり取り→電話番号の交換→電話で直接話す→実際に会って話す。

というふうに、段階を踏んで仲を深めてきました。

 

最初の頃はメールするのもドキドキで、こんな返信で良かったかな?とか、やっぱりこう書けば良かったかな?とか…向こうからメールこないと、変な事書いちゃって嫌われたかな?とか…もの凄く、自分の書いたメールが気になって仕方なかった。

彼から送られるメールは、いちいち私の心が動いてしまう内容だったので、他の人とは違う何かがありました。

 

«注意»

中にはいきなり最初のメールで、LINE交換しませんか?っていう、不誠実な人もいます。

嫌だなって思ったら、キッパリ断りましょう。

 

ドキドキ⁉初めての出会い

ある程度メールでお話してて、気心が知れてるので、初めて会うけどさほど緊張していなかったような…というか、実に彼は2時間遅刻。

途中で何回も帰ろうかな?と思うも…結局待ってたという…ポンコツな私なのですが。

 

待ち合わせは、駅のホームでした。

電話で話ながら彼を探し歩いていて…

スマホを耳にあててる彼を見つけた瞬間、

…遅刻された事もぶっ飛ぶくらい、「格好良い!!」って思ってしまったのでした。今思うと…この時点で、一目惚れしたんだと思います。

その後、お昼ご飯をご馳走してもらい←遅刻したお詫びも込めて。その後、カラオケにも行きました。

初めて会ったけど、初めて会ったような感じがしなくて、すっかり意気投合してました。

 

ちなみに…デート代は彼が全部出してくれました。デート中は女性に負担をかけさせない。という彼のプライドでもあるのですが、その辺りも好感が持てました。

 

お付き合いが始まって

彼とお付き合いが始まってほどなく、婚活サイトは退会しました。

お付き合いしてるのに、登録してるのは、彼に誤解されると嫌だなぁと思ったから。

 

そして、様子を見ながら子供達に彼氏が出来た事を伝えました。

その事は、やはり子供達にとっては少なからず面白くないようです。特に男の子だし、母親を取られたような感じがするようで…

子供達と彼氏との関係。

この辺りが難しいとこなのかも知れません。

 

これからの事…

彼とのお付き合いは1年が経ちました。

最初の頃、寂しがり屋の彼はすぐにでも一緒に住んでもいいんだよ!!と言っていましたが、付き合っていくうちに、考えも少しずつ変わりました。

 

特に子供達に対しては、彼なりに考えてくれてるようで、本音を言えばすぐ一緒になりたいんだけど、すぐにそうは行かないんだ!!という事を段々と理解してくれ、待ってくれるようになりました。

その事は本当に有り難いし、そんな彼を大切にしなければ!!って、そう思う日々です。

 

あと何年後になるか分からないけど

一緒に暮らす事を目標に、お互いに良い方向にいくように話し合って、いろんな事を決めていきたいと思ってます

 

 

最後に…

今回は、私の婚活して彼が出来た話を書きました。

 

アラフィフ世代でも、十分恋愛はできるし、人生のパートナーを探す事は、決して悪いことではなく、人生の最後を大切に幸せに過ごす事で、今まで生きてきて良かったと思える最高の人生にしていきたい。

 

 

離婚したからこそ、大切にしなければイケない事もわかるし、何でもよく話し合う事も知っていて、もう一度、家族になって幸せになる事を特に願っていて、同じ過ちをしたくない。

 そんな思いが私の中にあります。

 

この記事を読んで…

少しでも婚活のお役にたてば幸いです。

素敵なアラフィフ世代を生きるために…。